仲介手数料無料のメリットってなに

仲介手数料のルール

賃貸の契約の場合、仲介手数料は賃料の1ヶ月分を上限とし、この分が不動産業者に支払われます。
契約の間に、2社関わったとしても仲介手数料の上限は同じですし、貸主・借主の両方から受け取るときも上限は同じです。

月10万の賃料であれば、仲介手数料の上限額は10万です。
例えば、半月分の5万の仲介手数料を貸主から受け取れば、借主から受け取ることのできる仲介手数料も半月分の5万が上限になります。

1ヶ月分の仲介手数料を、借主もしくは貸主のどちらかから受け取るためには、前もって当事者の承諾が必要です。
承諾がない場合は、借主もしくは貸主どちらか一方から受け取れる仲介手数料は、それぞれ半月分を上限とする規定があります。

仲介手数料無しのワケ

最近は、住宅の数も増え物件の空室も見かけるようになりました。
貸主としては、空室にしておかないようにするのが重要なことです。
なので、貸主が仲介手数料を不動産業者に支払ってでも、すぐに入居をしてもらえるほうがいいということになります。
数ヶ月もの間、空室で置いておくより、1ヶ月分の手数料を不動産業者に支払って、空室の期間が1ヶ月ですむ方が、貸主にとっては得です。
貸主が、仲介手数料を払うので借主が負担する仲介手数料は無しになります。
そのことを表記すれば、早めに賃貸契約できる可能性があるというわけです。

しかし、2社が関わるときはどうでしょう。
貸主から手数料を受け取るのがA社で、借主を探すのがB社だったとき、借主の仲介手数料が無料だった場合B社の収入はなく、A社からわけてもらう形になります。
なので仲介手数料無しと表記するときには、自社が貸主から手数料を受け取れる物件だけを案内する形になります。


▲先頭へ戻る