無料のからくり

仲介手数料デメリット

仲介手数料無料のデメリットはありません。

手数料無料とはいえ、契約書も作成してくれます。
重要事項などの説明書も作成してくれます。
物件購入の際には、住宅ローンの手続き、調査、決済立会いもしてくれます。
なので、デメリットらしき事がみつかりません。

しいてデメリットを言うとすると、全ての物件が仲介手数料無料ではないという事でしょうか。
希望物件が、仲介手数料無料である物件であれば初期費用は安くすみます。

ただ、仲介手数料無料はダメです。
という営業のトークで物件を紹介しているところもあります。

実際、聞いた方もいらっしゃるかもしれませんが、仲介手数料無料はダメだという根拠がないことばかりを営業トークでされている方も多いのも事実のようです。

営業トークでいう仲介手数料デメリット

営業トークで仲介手数料のデメリットを説明している内容をまとめてみました。

・安い金利を仲介手数料を払っても利用できる。
銀行が金利を決めるのであまり重大ポイントではないです。

・この物件は当社でないと買えない。
手数料無料で対応できない物件があります。
なので、手数料無料かどうかではなく、購入者の希望にあっているかを重点に買う事をおすすめします。

・値引交渉については、仲介手数料無料の業者さんとはできない。
無料であっても値引交渉はできます。
ただ、売主次第で値引き交渉が難しい場合もあります。

・仲介手数料無料の業者は、契約書・重要事項説明書の記述がしっかりとできません。
これは嘘です。
不動産業者は全て、資格を有する人が担当します。

・仲介料無料の業者だとアフターサービスが不安です。
アフターサービスの対応をするのは売主なので、手数料無料とは関係ありません。

ぜひ、参考になさってください。


▲先頭へ戻る